HOME > Conditioning

Conditioning Trainingとは?

今話題のインターバルトレーニングです


《種目》
スピンバイク、ローイング、バービーなどの心拍系
ケトルベル、バトルロープ、プッシュアップなどの筋力系を順番にトレーニングしていきます。

《効果》
負荷が一定の有酸素運動とは違い、conditioningトレーニングは 無酸素運動の為負荷を増やしながら熱でカロリーを消化していきます。
カロリーだけではなく筋力トレーニングも混ざるため、ただ痩せるのではなく、くびれラインやヒップアップなど体のラインを作る事が出来ます。

《楽しさ》
有酸素運動(ランニング、ウォーキング)は音楽を聴きながら、映画を見ながら、自分のペースで運動しながら十分なカロリーを消費する事ができますが、有酸素運動は1人のためのトレーニングとなります。
conditioningトレーニングは、短時間の心肺系と筋力系のトレーニングを交互に行うため、高負荷と感じられますが、1人じゃ出来ない事をみんなでやり終わった達成感は有酸素とは違ったものを感じられます。

《効率的に》
長い時間運動する有酸素運動より、 短い時間運動するconditioningトレーニングの方が時間的に効率的です。
それは60分間有酸素運動するのと 20分間conditioningトレーニングするのと 同じカロリーを消費すると言われております。
なにより有酸素運動は運動時間が長いため脂肪の燃焼と共に筋肉も失ってしまいます。
conditioningトレーニングは筋力トレーニングも混ざってるため脂肪を燃焼させながら筋肉もつけて理想の体作りを目指せます。

beginnerクラスは30分、advanceクラスは45分
と強度も分けて行いますので、まずは1度試しにやってみてください!!